部分スルーも止めましょう

今日は定例のモリコロパーク火曜会で、少し春を感じる気候の中、若手と自転車の練習会をこなしてきました。最近は20代の自転車女子が火曜会に毎回参加してくれるのですが、やはり女子は男女に関係なく、いろんな方に声をかけられるものですね。もちろんお父さんにも見える横に居る私は完全スルーされるので、なかなか現地では新入部員が獲得できません。

やはり女性はコミュニケーションの窓口になりやすく、うらやましい限りですが、ここも婚活や人付き合い、そして仕事にも関係するポイントです。結局、人や仕事に男女などの関係と言うものは相手が丸腰で近づいて来たとしても、バッサリ斬られたり、ブロックされれば始まりません。そう考えると私はいつもバッサリ斬られている気もしますが、実は斬ったつもりはないけれど、相手は斬られたと思うのが、関係においては多いように思います。そう世の中には実際にバッサリ斬る人って少ないんですよね。そしてぼやかしたり社交辞令で逃げる。それが優しさと思っている人は、また更に大間違いな訳です。本当に人間関係や縁を仕事にしているとつくづく心から物を言わない人がたくさんいるものだなぁと感じます。そう私も仕事とはいえ、完全にスルーされたり、無視される人はバッサリ斬りますが、困るのが部分スルーをする人です。例えば重要度が違う5つの質問をしても1の質問にしか答えてくれない。さらに一番重要なのはトリに設定した5番目の質問なのに、1番目の質問にだけ、やたらと過敏に反応されたりする事。懐石料理やコース料理を食べて全品食べてからトータルの感想を聞きたいところに、前菜を食べた段階で「美味しかった」と過去形で言われているかのような気持ちに陥ってしまいます。確かにメールやSNSのメッセージなんて会話では無く現代はリアルタイムとはいえ「手紙」なので伝わる思いのすれ違いもする訳で、そこが面白くも、お互い難しい所でもあります。やはり思いを伝えるのは面と向かって生の声の方が素直に伝わりそうですね。Eメールは便利だけど人に関係の逃げ場を作ってしまう。さわやかに自転車乗ってきてもぼやいてしまった…

今日は自転車で心の洗濯をしてきただけでは物足りず、岡崎奇襲を企てた羽柴軍に対して、長久手の地に兵を出し、この石の上で戦況を見つめたと言われる逸話がある長久手市 色金山公園の床机石にパワーをいただいて帰りました。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square