3.11あの時…

東日本大震災から5年の3月11を迎えました。5年前と比べれば私は仕事が変わっているので大きく生活スタイルが変わりましたが、皆さんはどうでしょうか。そして5年前のあの時、どんな事を経験され、どんな事を思ったのでしょう。私は、あの日ナゴヤドームの飲食店舗でオープン戦営業に向けて一人準備をしておりました。予定していた対戦カードは、なんという事か東北楽天ゴールデンイーグル戦。名古屋ではまるで地面が液状化して水上に浮いているかのような揺れを長い時間感じました。妻はひどいめまいがしたと錯覚したと言っています。そう震源地から遠く離れた名古屋でも初めての地震体験で不気味な恐怖を感じました。これは地球のどこかで何か起きたぞと思い、即座にテレビを点けると福島や宮城の状況が伝えられていました。私には福島県浪江町出身の大学時代からの魂の友が居ます。実家を離れ長崎県在住なのでもちろんほとんど揺れも届いていなかったでしょう。すぐに友に電話をかけました。もちろん仕事中でしょうが、とにかくテレビを点けろと… それって阪神淡路大震災の時、兵庫県に実家のある私に対しての彼と全く逆パターンの行動でした。

先日も電話で浪江町出身で特定避難区域にあたる場所に実家のある友と電話で話しました。マスコミで報道されている通り被災地は今も大変な問題をたくさん抱えたまま、苦しい生活をしいられている方々もたくさんいて、一人一人の命は分からないままになっています。しかし私は報道されていない被災地の生の声、特に原発について聞く事が出来ました。 人は年を取り新しい家族が出来て、一生付き合いの続く仲間たちさえいれば、その人たち以外の付き合いはしなくてもよくなる。だけど一つの命だったり地球上で共に生きるという事は考えねばならず、自分勝手なだけでは地球は手厳しい。やっぱり命は一つ一つだけど、ひとりじゃない!


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square