プロポーズ

名古屋の日本選手権競輪に感動していたら、すっかり重要なホワイトデーを忘れておりました。そんなホワイトデー。私には良い知らせが来たのですが、もちろん我が夫婦の事ではありません。3月14日はホワイトデーなのですが、言い方を変えれば3.14そう円周率にあやかってまん丸な家庭。という事で11.22いい夫婦の日などに次いで婚姻届けを出すカップルが多い日なんですってね。ちなみに幸せのマリアローザの創立記念日は11.22ですよ。ただ私たち夫婦の結婚記念日は5.21そう2012年の金環日食の日でした。妻がドリカムさんのファンであり時間旅行という金環日食のラブソングがあるという事で3.14や11.22よりはサプライズ的には勝ったかな。と勝手に思っております。

今日は足元でもシロツメクサの花を見つけ、四葉のクローバーでも探そうと思いましたがオッサン一人なのでやめました。なんか幸せな気分は目の行き所が変わりますね。思わず、愛を込めて花束を~なんて口ずさみながら… さて婚姻届けの前にはプロポーズかそれらしき言葉がある訳ですが、何となく結婚に至り、その後のサプライスがプロポーズってパターンも多いのでしょうかね。しかし男性からでも女性からでも大切な言葉であると思います。結局、交際中にいくら仲が良くたって、同棲していたりでも、事実婚を選択するなら別ですが、婚姻届を出すまではやはり結婚への逃げ道が多すぎます。何となくですが7~8年付き合って結婚する人と言うのは逆に結婚生活が始まってからの盛り上がりに欠けるような気もするし、長いお付き合いなら恋人同士の間に何度も別れの危機があったはず。しかし結婚相談ならいわゆるスピード婚になるケースが通常なのですが、最初はやはり皆さん口をそろえて交際期間の短さに不安の声を漏らすけど、やはり経過して行く貴重な時間が大切で、目的は早く結婚相手と巡り合う事です。そう言っていると出会いの段階であきらめる人も居るし、目的通り結婚の意思を固める方々って、やはり3~4か月で婚活卒業出来たりするものなんです。私も妻と結婚するまで4年くらい付き合いがあったと言うか事実婚状態でしたが、人生のタイミングだけはどこにあるのか分かりません。世の中には婚活の目的を早く結婚する事であるという事を忘れている人も多いわけですし、交際中の逃げ道ばかりか、婚活の逃げ道を作る事も出来るので、プロポーズまでの時間の長さは関係なく、短い人ほど逃げない人なのかもしれません。ただ婚活を決意したらゴールまでの時間は短いほど有利だという事で、女性も男性も自分の年齢が上がって行く事は止められない現実です。


Featured Posts
Recent Posts
Archive
Search By Tags
まだタグはありません。
Follow Us
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square