キレる人の弱点

名古屋の天気は今日もぽかぽか陽気ですが、これから天気は下り坂のようで空は曇ってきました。暖かくなるとますます行動的になる自転車乗りの私ですが雨には弱いですね。あっ気が付けば今年の冬は夫婦共々風邪をひかなかったな。馬鹿だから…それも当たりかもしれませんが手洗いの習慣が一番の様な気がします。

そう私もある出来事で人の優しさを知ったとき以来、キレなくなりました。実はオトンの若いころもキレる人でして、そのDNAをしっかり受け継いだのですが、やはりオトンも年老いた今は仙人のように暮らしています。もともとキレると言うのは相手の事が許せなくなるからでしょうが、第三者から見ればどうでもいい事であったり、間違いや行き違いがあったとしてもキレた方が悪くなるケースも多いでしょう。大事なのはキレてしまったらアクションする前に思いとどまる事。さらにはキレてアクションしてしまったら素直に謝る事で関係が修復されると思います。まぁ逆の事もありまして間違った情報や勘違いからキレられ、事情を説明しても理解してもらえない場合もありますが、どちらにしてもピンチはチャンスとも言いますが、キレたその後、またはキレる前にする事でチャンスが訪れると思います。人の縁と言うものは切るのは簡単でも今まで過ごしてきた時間は取り戻せません。まさに仕事や恋愛、婚活などであってもキレて切ると0地点からのリスタートになります。まして結婚に例えるとリスタートは重いですよね。お互いキレない事、キレても関係修復できる人。それが親友だったり配偶者であり、関係が長く続くのではないでしょうか。結局キレると言うのは相手が自分の思う期待に応えてくれない事や、時には自分中心に考えているだけの事もあり、やっぱり冷静になれば答えの無い事でもありバカバカしい事が多いでしょう。そんな切れないキレない人同士でありたいものですね。私はキレたら自分が小さかったと反省して凹みます。さてあなたはキレますか?キレられたらどうしますか?

私は凹んだときにこの曲と山下画伯を思い出します。


Featured Posts
Recent Posts